鎌倉の切通を歩く 2(銭洗弁財天、源氏山公園、仮粧坂切通)

大仏切通から大仏ハイキングコースを歩き、銭洗弁財天に行きました。

修学旅行と思しき学生たちがたくさんいました。

源氏山公園の源頼朝像。

仮粧坂切通は、扇ガ谷から関東へ続くルートして開削された切通。現存部分は約500m。
「仮粧坂」の由来は、平家の大将の首を化粧して首実検したとか、この付近に遊女が住んでいたとか言われているそうです。仮粧坂は一般的に化粧坂とも書かれます。
説明板には、鎌倉の中でも小町屋及び売買所を構えても良い場所の一つだったことが書かれていたので、遊女がいたのは間違いないようです。また、坂の頂上部は刑場だったとか、発掘調査で坂周辺に多くの火葬跡が発見されていることから仮粧坂が葬送の地であったとも書かれているので、そういう事柄が地名の由来になったのではないかと思われます。

(「鎌倉の切通を歩く 3」に続く)

<関連記事>
鎌倉の切通を歩く 1(高徳院、大仏切通)
鎌倉の切通を歩く 3(亀ヶ谷坂切通、建長寺、東慶寺、円覚寺)
鎌倉の切通を歩く 4(巨福呂坂切通、鶴岡八幡宮)
鎌倉の切通を歩く 5(杉本寺、明王院、光触寺、朝夷奈切通)